<< Shoe Scape × Volkswagen Kyotoukyo 企画展 | main | 『京都府 E.T 様の靴』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

『奈良県 R.Y 様の靴』

r.y08
 『奈良県 R.Y 様の靴』

 今回の靴はレディースのギリーシューズです。
 依頼は私のことを小さい頃から知っている
 知り合いのおばさんから。
 私が靴の道に進んだころに
 以前から足に合う靴がないという相談を受けていました。
 そしてこのたびオーダーをいただくことになりました。
 ありがとうございます。
 すこしでも楽に歩ける靴を作りますね。
r.y11
 まず、足を採寸して驚きました。
 足長は同じくらいなのですが
 足囲に左右で大きな違いがありました。
 ここまで違いがあるのはめずらしいです。
 ただ、R.Y 様の場合、
 足の筋肉が柔軟で、関節の可動範囲が大きいため
 これまでは既成の靴の形になんとか足を合わせて履いている
 という状態でした。
 それでも左右差が大きいため、
 既成靴ではどうしても足に大きなストレスを与えてしまいます。
r.y10
 足は踵からそれぞれ親指の付け根と
 小指の付け根にのびる2つの縦アーチ(内と外の縦アーチ)と
 それを繋ぐ横アーチの
 3つのアーチによって構成されており、
 このアーチが歩行において足が着地する際にバネとなり、
 クッションの役割を果たしています。
 年齢とともにこのアーチは衰えていくのですが、
 R.Y 様の場合も、左足において極端にこのアーチが衰え、
 開帳足となり、外反母指気味になっていました。
r.y09
 R.Y 様の希望でデザインは「ギリー」とよばれるスタイル。
 ギリーシューズはもともと狩猟用から舞踏用に派生した靴です。
 甲部分の波模様のようなラインが
 ギリーの特徴的なデザインです。
 ギリーシューズにもベロありとベロなしがありますが、
 (ベロ…靴の甲に接触する箇所に付いているパーツ)
 R.Y 様は甲部分をみせたいということから
 従来からのスタイル、ベロなしのギリーで。
r.y07
 じつは私も、この「ギリー」というデザインが大好きで、
 ギリーシューズを創るときは自然と気合いが入ります(笑)
r.y02
 今回の本底は滑りにくさを考慮してビブラムのゴム底で。
 グリップ力があり耐摩耗性にも優れています。
r.y06
 今回の撮影は神泉苑にて。
 R.Y 様は以前、京都に住まれていたので
 地元の近くにある馴染み深い場所にしました。
 毎年5月3日に行われる神泉苑のお祭りには
 私も小さなころによく行っていました。
 懐かしいなぁと少年時代を思いながら庭園を散歩。
 さすがは元々天皇のための庭園、
 それほど大きな庭園ではないですが
 (当初の敷地は二条通りから三条通りまで、
 南北約500m、東西約240mの大庭園だったらしいです。)
 絵になる風景がたくさんあります。
 上の画像は京懐石「京都 神泉苑 平八」へ続く入り口。
r.y05
r.y04
 納品の日、R.Y 様がパンを持って来られました。
 R.Y 様の息子さんが奈良でパン屋を経営されていて、
 お店の焼きたてパンをいただきました。
 息子さんとは私が小さい頃に会って以来、
 最近ではお会いしていないのですが、
 それぞれが職人となり、
 お互いの仕事、靴とパンとでの再会となりました(笑)
 おいしくいただきました。
 ありがとうございます。

 もし奈良に行かれた際にはぜひお立ち寄り下さい☆
 ■Rustic BAKERY / ラスティック ベーカリー
r.y03
 先日、うれしい知らせがありました。
 以前靴を創らせていただいたお客様が
 Shoe Scapeの靴を履いて
 海外の地を踏んで来られたそうです。
 ジャカルタとサンフランシスコ。
 自分創ったの靴が海を渡ってその地を踏みしめたこと、
 その際に私の靴を選んでくださったこと、
 とてもうれしいことですね。

 R.Y 様、たくさん履いて、たくさん歩いてくださいね。
 きっとこれまでより楽に歩けると思います。
 この靴を履いて遠出をしたい、
 大切な人に会いたい、
 行きたい場所がある。
 そんなふうに思える靴が創れるように、
 これからも頑張っていきますね。
r.y01

| WORKS | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | - | - |
COMMENT
※ コメント+トラックバックについて ※
コメント、トラックバックは大歓迎です!
しかし、戴いたコメントやトラックバックはひとまず読んでから公開されるしくみになっています。仕事や創作活動によって確認が遅れてしまい、送信後ブログ上に表示されるまで時間がかかってしまうことがあります。また、記事に関連性のないものや不適切な表現が含まれる内容のものと判断した場合は、公開されない場合があります。
上記二点につきまして、何とぞご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。









この記事のトラックバックURL
http://shoe-scape.jugem.jp/trackback/69
TRACKBACK

>/body>