スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

『京都府 Y.O 様の靴』

y.o.08
 『京都府 Y.O 様の靴』

 今回はレディースショートブーツです。
 Y.O 様のお仕事はグラフィックデザイナー。
 非常にセンスのあるデザイナーさんで
 彼女のデザインは芯がしっかりとしていて
 どこか凛とした佇まいを感じます。
 Shoe Scape のロゴ・紋は
 Y.O 様にデザインしていただいたものです。
y.o.13
 そんなY.O 様からのオーダーは
 他にないデザインの靴。
 Y.O 様をイメージしてデザイン画を描き、
 打ち合わせを重ねました。
 私がイメージした要素は
 Y.O 様の持つ
 華やかさと鋭い思考、誇り高い心の強さ。
y.o.14
 Y.O 様の足は華奢で、特徴的な足でした。
 かかとが小さく、
 内の縦アーチ(土踏まず)が高い。
 その分、踏み面とかかとに負担がかかっていました。
 かかとと内踏まず(土踏まず)を削り込み、
 各部分、骨格の特徴から木型を形成していきます。
 その木型に合わせて、デザインの線を選んで
 実際のラインに落とし込んでいきます。
y.o.12
 そして出来上がったのがこのブーツ。
 「鷹」をモチーフとしたショートブーツを制作しました。
 『イーグルブーツ』とでも名付けておきますか。
 Y.O 様は『いーぐるちゃん』と呼んでいました(笑)
y.o.04
 基本的には鷹が翼で己の身を覆っている状態。
y.o.06
 ブーツを脱ぎ履きする際に、
 鷹が翼を広げて、羽ばたいていく
 そんなシルエットになるようにデザインしました。
 翼の内側には「Y」の字の穴飾りを。
y.o.07
 かかとは6僖辧璽襦
y.o.11
 トウのデザインはWチップ。
 全体的にはシンプルに、エレガントな雰囲気を目指した。
 しかしその構成自体には鷹のシルエットが隠れており、
 凛とした佇まいで翼が足元を引き締めます。
y.o.02
y.o.01
 今回の撮影は吉田山にて。
 Y.O 様にゆかりのある土地です。
 Y.O 様の靴を、鷹をモチーフとしてデザインしたとき
 撮影場所は吉田山にしようと思っていました。
 吉田山というより吉田神社と聞くと
 知っておられる方も多いんじゃないかと思います。
 吉田山にはあの節分祭で有名な吉田神社があります。
 吉田山は南北800m、東西300m、最高点125mの
 細長い形をした丘に分類されるそうです。
 京都市から緑地保全地区にしていされている吉田緑地では
 豊かな緑や鳥の鳴き声に心が癒されます。
 京都の町中とは思えない
 豊かな自然がごく身近にあるのです。
 Y.O 様はそんな吉田山のふもとに住んでおられました。
 最近引っ越しされたのですが、
 私もよく遊びに行きました。
 私にとっても思い出の深い土地です。
y.o.03
 今回、Y.O 様から本当に自由に靴を作らせていただきました。
 自分にとって新たな挑戦の機会を与えていただいたこと。
 また作り手を尊重し、
 私を信頼していただいたことをとてもうれしく思い、
 大変感謝しております。
y.o.09
y.o.10
 「そこから眺める先に
  何を見据えるのか?
  その佇まいは
  誰よりも誇り高い。」

 吉田山の頂から京都の町を眺め
 鋭い眼光の先に見えているもの。
 その誇らしい鷹の姿。
 私がこのたびY.O 様の靴を創る際に
 思い浮かんだ絵と言葉です。

 誇り高い凛とした佇まい
 その鷹のシルエットは
 私の思うY.O 様そのものです。
 自分の仕事に、自分の生き方に誇りを持って
 これから進む道に羽ばたいて行く姿を応援しています。
y.o.05


| WORKS | comments(2) | trackbacks(0) |

『京都府 E.T 様の靴』

et-07
 『京都府 E.T 様の靴』

 今回はレディースシューズです。
 親戚の叔母さんからのオーダーです。
 大切なときに、大切な場所で履ける
 黒の靴が欲しいということでした。
et-01
 この靴、
 一見、かなりメンズっぽいですよね(笑)
 でもおもしろいものですね、
 木型をよく観ればレディースってわかりますよ。
 メンズにしては骨格が華奢だと思いませんか?
 E.T 様はやわらかい人柄なので、
 緩やかな曲線が重なるイメージでデザインしました。
 私にとってデザインってね
 木型のクセや、
 その木型を構成するひとつひとつの線を考慮すること。
 同じベーシックなデザインでも、
 その人に合わせてラインって変わるものなんです。
 線を選ぶということ。
 すると、靴にその人の人柄が表れると思っています。
et-02
 だから、モノを作る際、
 人を知るということを大切にしています。
et-03
 足が華奢な分、
 足当たりを感じやすい特徴があるので、
 当たりやすい箇所に特に気をつけて
 木型を制作していく。
et-04
 つま先はすこし量感のある造形に。
et-05
 滑りにくさとクッション性をお求めでしたので
 本底はビブラムのゴム底で。
et-06
et-08
 甲への立ち上がりにかけてのラインも人それぞれ。
 木型に沿って成形された革のボリュームが
 そのラインの魅力を引き立てる。
et-09
 ちょっと珍しいアングルで。
 底面からつま先にかけて…。
et-10
et-15
 今回の撮影は今宮神社。
 E.T 様の氏神様がここ、今宮神社なんです。
 私の氏神様も今宮神社なので、
 私にとっても思い入れのある場所です。
 初詣は毎年この今宮さん。
et-12
 門前には有名なあぶり餅屋さんが。
 向かい合わせでそれぞれのあぶり餅屋さんが営業していて、
 ライバル関係にあります(笑)
et-13
 どちらも流行っているんですけどね、
 たくさんお客さんが入っている方に流れる傾向があります。
 私は状況をみてすくない方に入ります。
 負けている方を応援したくなるのが
 阪神ファンの精神やって思いながらね(笑)
 私は阪神ファンではありませんが…(笑)
 残念ながら今日はお休みでした。
et-14
 E.T 様、ありがとうございます。
 いつも応援してくださって
 ありがとうございます。
 私が靴を始めた頃から、
 私が靴作りをするということに対して
 常に良き理解者でもありました。
 このたびオーダーをいただいて、
 そんなE.T 様の足元を
 私がサポートすることができ、
 とてもしあわせに思います。

 たくさんの笑顔がみたい。
 自分のモノ創りを求めてくれているひと
 いつも応援してくれているひと。
 自分にとって大切なひとが、
 自分の作ったモノで笑顔になる瞬間。
 その笑顔がみたくて
 私はモノ創りを続けています。
et-11
| WORKS | comments(0) | trackbacks(0) |

『奈良県 R.Y 様の靴』

r.y08
 『奈良県 R.Y 様の靴』

 今回の靴はレディースのギリーシューズです。
 依頼は私のことを小さい頃から知っている
 知り合いのおばさんから。
 私が靴の道に進んだころに
 以前から足に合う靴がないという相談を受けていました。
 そしてこのたびオーダーをいただくことになりました。
 ありがとうございます。
 すこしでも楽に歩ける靴を作りますね。
r.y11
 まず、足を採寸して驚きました。
 足長は同じくらいなのですが
 足囲に左右で大きな違いがありました。
 ここまで違いがあるのはめずらしいです。
 ただ、R.Y 様の場合、
 足の筋肉が柔軟で、関節の可動範囲が大きいため
 これまでは既成の靴の形になんとか足を合わせて履いている
 という状態でした。
 それでも左右差が大きいため、
 既成靴ではどうしても足に大きなストレスを与えてしまいます。
r.y10
 足は踵からそれぞれ親指の付け根と
 小指の付け根にのびる2つの縦アーチ(内と外の縦アーチ)と
 それを繋ぐ横アーチの
 3つのアーチによって構成されており、
 このアーチが歩行において足が着地する際にバネとなり、
 クッションの役割を果たしています。
 年齢とともにこのアーチは衰えていくのですが、
 R.Y 様の場合も、左足において極端にこのアーチが衰え、
 開帳足となり、外反母指気味になっていました。
r.y09
 R.Y 様の希望でデザインは「ギリー」とよばれるスタイル。
 ギリーシューズはもともと狩猟用から舞踏用に派生した靴です。
 甲部分の波模様のようなラインが
 ギリーの特徴的なデザインです。
 ギリーシューズにもベロありとベロなしがありますが、
 (ベロ…靴の甲に接触する箇所に付いているパーツ)
 R.Y 様は甲部分をみせたいということから
 従来からのスタイル、ベロなしのギリーで。
r.y07
 じつは私も、この「ギリー」というデザインが大好きで、
 ギリーシューズを創るときは自然と気合いが入ります(笑)
r.y02
 今回の本底は滑りにくさを考慮してビブラムのゴム底で。
 グリップ力があり耐摩耗性にも優れています。
r.y06
 今回の撮影は神泉苑にて。
 R.Y 様は以前、京都に住まれていたので
 地元の近くにある馴染み深い場所にしました。
 毎年5月3日に行われる神泉苑のお祭りには
 私も小さなころによく行っていました。
 懐かしいなぁと少年時代を思いながら庭園を散歩。
 さすがは元々天皇のための庭園、
 それほど大きな庭園ではないですが
 (当初の敷地は二条通りから三条通りまで、
 南北約500m、東西約240mの大庭園だったらしいです。)
 絵になる風景がたくさんあります。
 上の画像は京懐石「京都 神泉苑 平八」へ続く入り口。
r.y05
r.y04
 納品の日、R.Y 様がパンを持って来られました。
 R.Y 様の息子さんが奈良でパン屋を経営されていて、
 お店の焼きたてパンをいただきました。
 息子さんとは私が小さい頃に会って以来、
 最近ではお会いしていないのですが、
 それぞれが職人となり、
 お互いの仕事、靴とパンとでの再会となりました(笑)
 おいしくいただきました。
 ありがとうございます。

 もし奈良に行かれた際にはぜひお立ち寄り下さい☆
 ■Rustic BAKERY / ラスティック ベーカリー
r.y03
 先日、うれしい知らせがありました。
 以前靴を創らせていただいたお客様が
 Shoe Scapeの靴を履いて
 海外の地を踏んで来られたそうです。
 ジャカルタとサンフランシスコ。
 自分創ったの靴が海を渡ってその地を踏みしめたこと、
 その際に私の靴を選んでくださったこと、
 とてもうれしいことですね。

 R.Y 様、たくさん履いて、たくさん歩いてくださいね。
 きっとこれまでより楽に歩けると思います。
 この靴を履いて遠出をしたい、
 大切な人に会いたい、
 行きたい場所がある。
 そんなふうに思える靴が創れるように、
 これからも頑張っていきますね。
r.y01

| WORKS | comments(0) | trackbacks(0) |

『京都府 H.S 様の靴』

hs-2-04 
 『京都府 H.S 様の靴』

 H.S 様は今回で2足目のオーダーです。
 本当にありがとうございます。
 1足目はフォーマルなストレートチップでしたが
 今回はカジュアルな1足が欲しいとのこと。
hs-2-02
 フォルムとしてはビルケンシュトックのような、
 ボリュームのあるつま先をご希望でした。
 これまでの Shoe Scape にはない
 フォルムの靴になるなぁと思ったのですが、
 H.S 様の足の骨格、肉付きを考えイメージしてみると
 おもしろい靴になるのではとわくわくしました。
 H.S 様のイメージと、私のイメージを伝え合い、
 一足の靴を創っていきました。 
hs-2-01
 H.S 様 から
 「思い入れのある靴になった。」と
 お言葉をいただきましたが、
 私にとってもH.S 様 と共に靴を創る過程を
 楽しむことができたと思っています。
hs-2-03
 2足目ということもあり、
 今回の靴創りはすごくイメージが膨らんだ。
 なによりH.S 様のことを以前よりも
 理解できていることが大きかったように思う。
 実を言うと、
 1足目の靴を作ってから、
 H.S 様 の舞台(狂言舞台)を観に行ったり、
 お酒を共にしたり、
 気が合うことにお互い学生時代にサッカーをしていたことから
 H.S 様 のフットサルチームの試合に呼んでいただいたり…
 といまやプライベートでも交友の深い付き合いです。
 H.S 様 の人柄、趣味、思考…。
 H.S 様 とのこれまでの関わりの中で形成された
 私なりのイメージが
 今回の靴に大きく影響していると思います。
hs-2-05
 お互いに遠慮することなく、
 お互いの意見をぶつけ合った。
 特にデザインと素材についてはじっくりと話し合いました。
 スエードとスムースを組み合わせた
 Uチップのコンビネーションシューズ。
 ミシン糸とハンドステッチの対比がアクセントとなり
 Uチップのカジュアル感を際立たせます。
hs-2-06
 最後まで迷ったのが色について。
 最初、H.S 様 はスムース面に
 ダークブラウンの配色を考えられていました。
 色合いとしてすごくきれいな靴になるイメージができたのですが
 少しきれいになりすぎるかもしれないなぁと思った。
 H.S 様 がカジュアルに履く一足ということだったので
 私のH.S 様 のイメージだと
 もっと冒険してもいいのではと思い、
 もう少し明るい茶はどうだろうと提案しました。
hs-2-07
 デニムパンツに合わせて足元が映える、
 カジュアルだけれども少し色気を感じる靴を目指した。
hs-2-08
hs-2-09
 今回の撮影は車折神社。
 H.S 様 が狂言師ということで
 芸能の神様、芸能神社のある車折神社で
 撮影したいと思った。
 芸能神社には数多くの芸能人が参拝しています。
 パワースポットとしてテレビで紹介されたそうで、
 最近では多くの観光客で賑わっています。
 この日も修学旅行生が有名芸能人の札(朱塗りの玉垣)と
 記念撮影している姿を見かけた。
 ひっそりとした静かな空間が気に入っていて、
 いつか撮影に使いたいと思っていた。
 ただ、いまは観光客が多くて…
 撮影には苦労しましたけどね(笑) 
hs-2-10
 H.S 様 の持つオーラのある靴になったと思う。
 1足目のストレートチップも
 2足目のこのUチップも
 履き込まれて、また私のもとに顔を見せにやってくる。
 修理をして、革の手入れをして
 靴を笑顔にして送り出すのが私の役割だ。
 H.S 様 との関わり、
 物語はまだ始まったばかり。
 これからまたどんな物語が生まれていくのか、
 私自身も楽しみにしている。
 二人で創り出したこの靴を履いて、
 いろんな大地を踏みしめてほしい。
 そこに Shoe Scape (靴景)という足跡を残して。
hs-2-11
| WORKS | comments(0) | trackbacks(0) |

『兵庫県 S.S 様の靴』

s.y-02
 『兵庫県 S.S 様の靴』

 今回オーダーをいただいたお客様は
 僕がいま靴作りをしていることに深く関わりを持つ方です。
 付き合いの長い親友です。
 お客様であることに変わりないのですが、
 あまりよそよそしく書くと本人に怒られそうですので、
 今回ばかりは気楽に書かせていただきますね。
 ですのでみなさん気楽に読んでください☆
s.y-08
 彼との出会いは大学のとき。
 最初はあまり仲良くなかった(笑)
 なにがきっかけで仲良くなったのかは覚えていない。
 いつの間にかよくつるむ仲間になっていた。
 僕と彼には共通点がある。
 サッカーが大好きであるということ。
 ロベルト・バッジョ、小野伸二、
 ファン・ロマン・リケルメ、ディエゴ・マラドーナ…。
 好きなサッカー選手の名を挙げるたびに同じであること。
 そしてこういったテクニシャンに憧れているだけで、
 自分たちのプレースタイルはテクニシャンとはほど遠く、
 情熱だけのプレーヤーであることも(笑)
s.y-04
 そんな僕と彼と、もうひとりの3人組でよく遊んだ。
 僕と彼はいきおいで意気投合し、
 けっこう無茶な企画をすることが多い。
 もうひとりはそんな僕らにいつもしぶしぶ
 付き合ってくれるこころ優しいやつだった。
 学生のときは体育館で徹夜フットサルを企画し、
 夜通しフットサルをしたことも(笑)
 日帰りで静岡までサッカーの試合を観に行ったことも。
s.y-05
 グランドでサッカーした後だったと思う。
 昔使っていたスパイクのメーカーの話になった。
 なかなか楽なスパイクってなかったよな…とか
 あるメーカーのスパイクはデザインに憧れたけど
 自分の足に合わへんかったなぁってね。
 ちょうど進路に迷っていた時期でね、
 専攻している建築はすごく好きだけど、
 建築というモノ作りは自分にとって
 大きすぎると感じていた。
 自分ひとりで一貫してできるモノ作りをしたい
 と考え始めていて、
 でもそれが何なのか、まだ見えていなかった。
 本当にささいなきっかけ。
 スパイクの会話のときに
 あれ?靴ってのもありかな?と思った。
 偶然、周りに靴に困っている人も多かった。
 それからです。靴作りについて調べ始めて、
 身近な工房見学したり、
 靴へ進路が動き始めたのは。
 すべてはグランドでの会話がきっかけ。
 たぶん本人は覚えていないと思う(笑)
s.y-09
 今回の撮影場所は西京極競技場。
 読んでくれているみなさんには
 またサッカーかいって思われるかもしれないけど(笑)
 そうです。サッカーです。
 ここ西京極競技場で京都パープルサンガの試合をよく観たしね。
 試合が始まるまですこし時間があって、
 待っているとボールを蹴りたくなってしまい…
 裏にあるスポーツ用品店でサッカーボール買ってきて
 広場で二人、パス練習しだしたことも(笑)
 小野伸二選手のようなやさしいパスの練習(笑)
 下の画像はそんな懐かしの広場。
s.y-07

s.y-10
 京都アクアリーナ。
 競技場から阪急の線路を挟んですぐ向かいにある、
 プール、スケートリンクなどがある施設です。
 建築学生だった頃に勉強会で見学に来ました。
 懐かしくて自然と足がこの場所へ向かいました。
 仙田満先生と團紀彦先生の共同設計。
s.y-11
s.y-03
 最初の写真にもあったギターは
 僕がずっと使っているモーリスのアコースティックギター。
 安物のギターだけど僕の大切な相棒。
 サッカー同様、好きなだけで
 へたくそなんですけどね。
 上手くなったらもっといいギター買おう
 と思ってたんですが、こいつとの付き合いは長い(笑)
 せっかくなので撮影後、すこし弾いて帰った。
 じつはね、大学時代にS.S 様から
 ギターを買うのに付き合ってくれって言われて
 ギター選んだこともありました。
 もう弾いてないみたいですけどね。 
 本人はこれ読んでそんなこともあったなぁって
 苦笑いしてるんやないかなぁ…たぶん(笑)
s.y-01
 年末に3人組で会いました。
 みんなそれぞれの道を歩んでいるけど
 根本はあいかわらず変わっていない。
 3人が揃わないと生まれない空気感
 っていうものがある。
 僕にとって居心地のいい空間だ。
 人との出会いは宝物。
 縁あって親しくなった大切な人達、
 まだこれから出会うであろう人、
 そしてこの3人組も。
 そんな人との関わりを大切にして、
 みんなが笑顔になるようなモノ作りをしていきたい。
s.y-06
| WORKS | comments(4) | trackbacks(0) |

>/body>